健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

グルコサミンとガンB

トキソホルモンの実験に使われたさまざまな物質のうちグルコサミンだけがトキソホルモンの作用を阻害しました。

グルコサミンによってもたらされた効果は、脂肪細胞内でいたずらに脂肪が分解されることを抑えること。

また満腹中枢の興奮を抑える働きを持つことが確認されました。


すなわち、グルコサミンには、ガンによる急激な痩せと、それによる衰弱を食い止める働きが期待されるのです。

グルコサミンとガンA

がん細胞から出る「痩せる毒素」アメリカ学者のグリーンシュタインが発見しました。

その毒素の名前は「トキソホルモン」といいます。


がん細胞が分泌するこの物質によって、脂肪細胞(体内の脂肪をためている細胞)の脂肪が分解されることを、奥田らはザルコーマ180がん細胞を移植したマウスによって確認しました。

さらに、がん細胞から精製したトキソホルモンをマウスの脳側室に注入すると急激に食餌量が低下されることが確認されました。

それが脳の満腹中枢を刺激する結果であることを明らかになりました。


すなわちガンになった患者が急激に痩せるのは、トキソホルモン(がん細胞)のために脂肪細胞内の脂肪がどんどん分解されていく一方、食欲不振に陥る為です

グルコサミンとガン@

グルコサミンの機能は関節炎に対しての研究がメインです。

しかし、もうひとつの面としてグルコサミンが研究されている分野があります。

それは、がん細胞から出る「痩せる毒素」とグルコサミンの研究です。

その内容は、グルコサミンががん細胞からでる「痩せる毒素」を阻害し食欲不振を改善すると言うものです。

このグルコサミンがガンによる衰弱を防ぐとする研究は奥田拓道(愛媛大学医学部)らの報告があります。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。