健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

グルコサミンと欧米

グルコサミンの研究は、欧米では、製造過程で加水分解に硫酸を用いる硫酸塩グルコサミンを用いた製品や研究成果が多くあります。

一方で、日本では加水分解に塩酸を用いた塩酸塩グルコサミンの研究が盛んです。

しかし、グルコサミンの関節症(変形性関節症および類似症)に対する機能はどちらも優れたものがあり、甲乙つけがたいことも明らかになりました。

現在はグルコサミンの摂取法や他の機能性成分との効果的な組み合わせに関心が移行し始めています。

グルコサミンと歴史

グルコサミンの研究開発は、キチンキトサンの食効に関する基礎研究や応用を追いかける形でヨーロッパからアメリカへと広がりました。

グルコサミンの研究開発が広がった背景には、細胞の若返りといった美容効果、壮健効果が最初にありました。

当然のことながらグルコサミンは、関節症に対する有効性という大きなニーズも横たわっていました。

というのは、高齢化、肥満、運動不足といった現代人の抱える不都合な因子がひとつの原因となっています。

その為に、全身のいたるところの関節内で軟骨の磨耗、再生不良、炎症が起こります。

特に腰や膝の慢性関節炎に悩むケースが増え続けています。

そのため軟骨の構成成分であるグルコサミンやコンドロイチンに脚光が当てられました。

因みにわが国の関節症患者は約80万人で、その8割は女性です。


グルコサミンとは

グルコサミンは構造的には糖とアミノ酸(たんぱく質の構成成分)が結びついた天然のアミノ酸の一種です。

人の体では細胞同士や組織同士を結びつける結合組織としてグルコサミンは存在しています。

特に軟骨や腱、爪、皮膚などに広く分布しています。



グルコサミンはカニやエビなど甲殻類の外郭を形成するキチン質に多く含まれています。

そのほか、ムコ多糖類(複合多糖類)などにも含まれています。


機能性食品としてのグルコサミンはキチンを塩酸または硫酸で加水分解して単離、精製して作られます。

水には易溶性を示します

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。