健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

グルコサミンの種類

グルコサミンはくっついている分子の違いによってグルコサミン硫酸塩・グルコサミン塩酸塩など色々な種類があります。

これらのグルコサミンは食べた後、腸で吸収され、血液に入る前にどちらも塩がはずれてグルコサミンになり体内の隅々まで行き渡ります。

種類は違っても吸収された後は同じグルコサミンとして働きます。

ところがグルコサミン塩酸塩はグルコサミン硫酸塩に比べて分子量が小さいので、同じ量のグルコサミンを食べるならグルコサミン塩酸塩のほうがグルコサミン硫酸塩よりも効率的に摂取できるといえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。