健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

グルコサミンとガンB

トキソホルモンの実験に使われたさまざまな物質のうちグルコサミンだけがトキソホルモンの作用を阻害しました。

グルコサミンによってもたらされた効果は、脂肪細胞内でいたずらに脂肪が分解されることを抑えること。

また満腹中枢の興奮を抑える働きを持つことが確認されました。


すなわち、グルコサミンには、ガンによる急激な痩せと、それによる衰弱を食い止める働きが期待されるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。