健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

グルコサミンと歴史

グルコサミンの研究開発は、キチンキトサンの食効に関する基礎研究や応用を追いかける形でヨーロッパからアメリカへと広がりました。

グルコサミンの研究開発が広がった背景には、細胞の若返りといった美容効果、壮健効果が最初にありました。

当然のことながらグルコサミンは、関節症に対する有効性という大きなニーズも横たわっていました。

というのは、高齢化、肥満、運動不足といった現代人の抱える不都合な因子がひとつの原因となっています。

その為に、全身のいたるところの関節内で軟骨の磨耗、再生不良、炎症が起こります。

特に腰や膝の慢性関節炎に悩むケースが増え続けています。

そのため軟骨の構成成分であるグルコサミンやコンドロイチンに脚光が当てられました。

因みにわが国の関節症患者は約80万人で、その8割は女性です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。